一般の方向けトップページ  >   緩和ケアとは  >  がんってなあに?こどもページ(中学生・高校生向け)

緩和ケアの参考資料や緩和ケア関連団体のサイトはこちらからご覧いただけます。詳細»

緩和ケアについての啓発から医療サービスなどを紹介する動画。詳細»

がんってなあに?こどもページ(中学生・高校生向け)

小学生むけページへ»



親ががんになったとき、知っておいてほしいこと

はじめに

はじめに

このページでは、がんについての正しい知識を伝えることで、あなたの疑問や不安を少しでも減らしたいと考えています。
病気について知ることを怖いと感じるかもしれませんが、人はわからないことに、より多くの不安を感じてしまうようです。

正しい知識を得て、漠然とした不安を具体的な不安にすることによって、これからのことを考えることができますし、疑問や不安に感じることをまとめて家族や親戚の人、医師や看護師に尋ねることもできます。



日本人とがん

日本人は生まれてから死ぬまでの間に、2人に1人が何かの種類のがんにかかると言われています。がんはわたしたちにとって、特別な病気ではなくなってきました。
また、ここ何年かの間にがん治療は大きく進歩し、がんと診断されても半数以上の人は、長く生きることができるようになりました。

でもがんという言葉を聞いたことがあっても、実際にどのような病気でどんな治療をするのか、自分たち家族はこれからどうなるのかなどの、沢山の疑問や不安を感じているのではないでしょうか。



親ががんと知ったとき

親ががんと知ったとき

親ががんになったと知ると、子どもも大人も様々なことを考え悩むものです。たとえば、

  • がんになったのは、自分のせいではないかと考えて自分を責める。
  • がんがあなたに、うつるのではないかと怖くなる。
  • 将来あなたも、がんになるかもしれないと不安になる。
  • 親の現在の体調や、今後どのような治療をするのかが気になる。
  • がんと聞いて、死んでしまうのではと寂しくになる。
  • 親の詳しい病状を教えてもらえないので不満を感じる。

親ががんにかかったのは、誰のせいでもありません。
あなたが以前に心配をかけたり、迷惑をかけたことがストレスだったとしても、それはがんの原因ではありません。



また親の体調なども心配ですが、あなた自身の生活や将来についても様々な不安を感じているのではないでしょうか。

  • 家のこと(食事の用意・掃除・洗濯等)は、誰がするか心配になる。
  • 自分は今までどおり学校に通えるのか、進学できるのか不安になる。
  • 友達と遊びに行ってもいいのか、部活は続けてもいいのかと考える。
  • 病気のことを忘れて、今までのように過ごしたいと思う。
  • 気をつかって、無理に明るく振る舞ってしまう。
  • どのように接したらよいかわからず、戸惑いを感じる。

あなたは今、これからの自立に向けて準備をしている年代です。
ですから家族だけでなく、自分の生活や友達との時間を大切にしたり、将来について考えたりしているのは、とても自然なことなのです。



あなたの心とからだへの影響

家族ががんになったと知り、あなたのこころと体の調子にも変化があるかもしれません。たとえば、

あなたの心とからだへの影響

  • 食欲がなくなる。
  • 夜に眠れない。寝つきが悪い、眠りが浅いなど。
  • 物事に集中できない、なぜかぼんやりしていることが多いなど。
  • ささいな事にイライラしてしまう、すぐに怒る、物にあたるなど。
  • 急に涙が出てくる、孤独な気持ちが強いなど。

このような状態が長続く場合は、誰か周りの人に相談してみてください。心や体がつらいときに、周りの人に相談することは全く恥ずかしいことではありませんし、他人に相談する人は弱い人間でもありません。

ご両親や親戚などの身近な大人、学校の先生や保健室の先生、通院先の医師や看護師など、あなたの話を聞いて力になりたいと考えている人が、沢山いることを忘れないでください。



あなたが家族にできること

あなたが家族にできること

親ががんになるとその親は、今までどおりの家事やあなたのお世話などができないことを申し訳なく思い、罪悪感を感じると言われています。きっと、あなたには今までどおりの生活を、送って欲しいと願っていることでしょう。

無理に自分の生活を変える必要はありませんが、がんになった親のことが気なりどうすればよいか考えているなら、次のように接してみるのはいかがでしょうか。

  • がんになった親と一緒に過ごす。(無理に話さなくても、一緒にいるだけでもよいと思います。)
  • 話をするのが照れくさい場合は、手紙や交換ノートに気持ちを書くこともできます。
  • 親が休んでいるときはそっとして、休ませてあげましょう。
  • 「○○しようか」「大丈夫?」「いつでも手伝うから言ってね」など、手伝いができることを伝えてみましょう。
  • 家の手伝いや、自分でできること(自分の部屋の掃除、洗濯物をたたむ、ごみ捨てなど)をしましょう。



悩みを伝える

家族の誰かががんになるということは、とても大きなできごとです。
しかしそんな時だからこそ、みんなが協力し合うことが大切です。
また一方であなたやあなたの家族が、可能なかぎり今までどおりの生活をするのも大切です。

家族のかたちや人の気持ちはそれぞれ違いますが、周りの大人はあなたの気持ちを知りたいと思っています。あなたの正直な気持ちや悩みを伝えてみてください。







前にもどる がんという病気について知ろう