一般の方向けトップページ  >   緩和ケアとは  >  「緩和ケア」の専門チーム

緩和ケア実施施設や、関連するサイトへのリンクをご覧いただけます。詳細»

緩和ケアについての啓発から医療サービスなどを紹介する動画。詳細»

POINT3 多職種で構成された専門チーム
「緩和ケア」の専門チーム

緩和ケアは、病院によって違いはありますが、
がん診療に携わる医師、看護師、薬剤師、栄養士などがチームとなって、
がん患者さんとその家族を支援します。

・医師 
がんに伴う様々な症状をやわらげます。 
・看護師 
緩和ケアに関する専門的な知識や技能を持つ専門・認定看護師などが支援します。 
・薬剤師 
痛みなどの症状をやわらげるための薬についての助言や指導を行います。 
・カウンセラー(臨床心理士) 
がんに伴う心の問題(不安、うつ状態など)について、専門的に支援します。 
・リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など) 
身体の機能を最大限に活用し、安全に生活できるようにするためのリハビリテーションを担当します。 
・栄養管理士 
食事の献立や味付けの工夫などの助言などを通じて、食生活に関わる問題に対応します。 
・医療ソーシャルワーカー 
生活面や医療費など経済面での問題についてご相談を受けたり、社会的サービスや在宅医療を受けるための支援を行います。

緩和ケアチームからのメッセージ

「緩和ケア」について考えるタイミングは、「早すぎる」ことも「遅すぎる」こともありません。「緩和ケア」について考えたくない時は、考えなくてもかまいません。人間は、体力や気力が減ると、考えることができなくなります。そんな時は、じっとしてエネルギーを蓄える時間が必要です。 また、一人で抱え込まず、周囲の医療スタッフやご家族に相談ください。

緩和ケアのスタッフは、患者さんの悩みや不安について、一緒に考え、納得できる選択をするために支援していきたいと思っています。