一般の方向けトップページ  >   緩和ケアとは  >  緩和ケアは「がんの治療」と一緒に始めます

緩和ケア実施施設や、関連するサイトへのリンクをご覧いただけます。詳細»

緩和ケアについての啓発から医療サービスなどを紹介する動画。詳細»

POINT2 がん治療と同時にスタート
緩和ケアは「がんの治療」と一緒に始めます

「緩和ケア」という言葉に、どのようなイメージを持っていますか?
「がん治療ができなくなった方への医療」「がんの終末期に受けるもの」と思っている方も、まだまだ多いようです。

緩和ケアは、がん治療の初期段階から、がん治療と一緒に受けるケアです。
緩和ケアを受けると、こんなメリットがあります。

  • がん治療中に経験する苦痛を伴う症状(吐き気、嘔吐、痛み、 倦怠感など)が緩和され、がん治療に取り組む力がわいてきます。
  • 患者さんやご家族の不安や心配事など、心のつらさをやわらげるために緩和ケアのスタッフがお手伝いをします。
  • がんと診断されたことによる社会的差別(就職・解雇問題など)への対応について、スタッフが一緒に考えます。

緩和ケアは、がんと共生することを可能にします。

Q 「緩和ケア」は「ターミナルケア」とどう違うの? 答え 「ターミナルケア」は緩和ケアの概念の一部を示したものです。ターミナルケア(Terminal Care)とはがんの終末期に行われる、治癒や延命ではなく、主に痛みなどの疼痛をはじめとした身体的、精神的な苦痛の除去を目的としたケアをさしています。一方、緩和ケアは「がんによる身体的問題や精神的問題を抱えている患者さんやその家族に、より早期の段階から考慮すべきもの」と考えられており、がんによる身体的・精神的な苦痛の除去をはじめ、患者さんとその家族にとってできうる限りの最高のQOL(人生の質、生活の質)を実現するためのケアを意味します。

「緩和ケア」では、どのような看護ケアを受けられるの?

緩和ケアで行われる医療やケアはさまざまです。
以下に主な緩和ケアの内容を紹介します。

  1. 自分の病気を知り、治療法の選択を助ける
  2. 痛みなどのつらい症状を取り除くケア
    1. ① 痛みを取り除く
    2. ② 痛み以外の様々な症状を取り除く
  3. 日常生活を取り戻すケア
    1. ① 食事を楽しむケア
    2. ② 苦痛や不快感を最低限にするための排泄のケア
    3. ③ 夜にぐっすり眠れるようにするケア
    4. ④ 好きな姿勢をとったり、自然な体位や寝返りをうつケア
    5. ⑤ からだをきれいに保つケア
    6. ⑥ 患者さんにとって心地よい環境を提供するケア
  4. こころのふれあいを大切にし、元気になるケア
  5. ご家族へのケア
  6. ご自宅でも、緩和ケアを受けられるようにする