一般の方向けトップページ  >   緩和ケアとは  >  がんの症状と「緩和ケア」

緩和ケア実施施設や、関連するサイトへのリンクをご覧いただけます。詳細»

緩和ケアについての啓発から医療サービスなどを紹介する動画。詳細»

POINT 1 心と体の痛みをやわらげます
がんの症状と「緩和ケア」

がんによる心と身体の苦痛をやわらげ、自分らしい生活を送れるようにするケアがあります。それが「緩和ケア」です。

がんになると、どのようなことが起きるのでしょうか?

痛み、倦怠感などのさまざまな症状
 痛みは、がん患者さんの70%にみられます。

落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛
せまりくる「死」への恐怖
自分の「人生」に対する問い

緩和ケアとは、がん患者さんの苦痛を取りのぞき、患者さんとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするためのケアです。緩和ケアは、がんの治療中から、どの施設でも受けられます。

イラスト「緩和ケア」の定義とは?「緩和ケア」の定義とは?

  • 痛みや、そのほかの苦痛となる症状を緩和する。
  • 生命を重んじ、自然な流れの中での死を尊重する。
  • 死を早めることも、いたずらに遅らせることもしない。
  • 死が訪れるまで、患者さんが自分らしく生きていけるように支える。
  • 患者さんの治療時から、患者さんと死別した後も、ご家族を支える。
  • 患者さんやご家族に、心のカウンセリングを含めたさまざまなケアをチームで行う。
  • 生活の質(クオリティ オブ ライフ:QOL)を向上させ、前向きに生きるちからを支える。
  • がん治療の初期段階から、外科手術、化学療法、放射線療法などと連携しながら、緩和ケアを行う。
世界保健機関編、武田文和訳 1993.
『がんの痛みからの解放とパリアティブ・ケア、がん患者の生命へのよき支援のために』金原出版
p5-6.の訳を参考に、WHOホームページ:http://www.who.int/en/を意訳。

Q がんの痛みって、とることができるの? 答え がん患者さんの痛みの90%以上は、がんの痛みの治療により抑えることができるという結果がでています。 がんの痛みは取り除くことができる症状であり、緩和ケアでは、痛みを取り除くことを第一に考えています。