医療関係者の方向け
緩和ケアニュース

【10月10日開催】市民公開シンポジウムお申込みはこちらから! OBP市民公開シンポジウム :「がんの痛みやつらさを一人で抱えていませんか」

10月10日(土)に市民公開シンポジウム「がんの痛みやつらさを一人で抱えていませんか」を開催いたします。
世界ホスピス緩和ケアデーにあわせて、がん患者さんからの発信を中心とした、
患者の立場から考える緩和ケアへのアクセスについても考えたいと思います。
そこで、「緩和ケア」に対する正しい知識を知って頂くためこのシンポジウムを開催致します。
多くの方々のご参加をお待ちしております!

日時:2009年10月10日(土)13:00〜17:20(開場12:00)
場所:日比谷公会堂 東京都千代田区日比谷公園1-3
※入場は無料ですが、事前のお申込みが必要です。詳しくは下記URLまで。 

<プログラム>

<特別講演1>がん患者が医療を変える
座長:本家 好文(広島県緩和ケア支援センター)
講師:鳥越 俊太郎(NPO法人がん患者団体支援機構理事長)

<シンポジウム>がんの痛みやつらさを一人で抱えていませんか
座長:高宮 有介(昭和大学医学部医学教育推進室)
    田村 恵子(淀川キリスト教病院ホスピス)
①緩和ケアに手が届くまで
    篠田 伸夫(認定NPO法人救急ヘリ病院ネットワーク副理事長)
②緩和ケアをもっと受けやすくするために
 医師の立場から
     田村 亮(姫路聖マリア病院ホスピス・緩和ケア科)
 看護師の立場から
     湯山 邦子(医療法人社団若林会湘南中央病院)
 心理療法士の立場から
     栗原 幸江(静岡県立静岡がんセンター緩和医療科)
③討議

<特別講演2>世界ホスピス緩和ケアデーにむけて あなたの痛みを癒すもの
座長:加賀谷 肇(恩賜財団済生会横浜市南部病院)
講師:柏木 哲夫( 金城学院大学学長、淀川キリスト教病院名誉ホスピス長)

会場では、オレンジバルーンプロジェクトをはじめ、緩和ケア関連団体の紹介、各種資料・グッズの配布、
ホスピス・緩和ケア施設等の紹介、、患者会の展示、ハンドマッサージ、
休憩時間にはフルートとピアノの生演奏などもご用意しています。

関連サイト http://cancernet.jp/eve091010.html
2009年9月18日(金) 更新